エレクター株式会社
エレクター
2022
業種
文具?事務機器?インテリア
商社(事務機器?OA関連)/商社(インテリア)/金属製品/コンサルタント?専門コンサルタント
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

飲食店、病院、倉庫などの業務用から家庭まで
様々な場所で使用されているワイヤーシェルフの
製造?販売、外国製品の輸入を行っています。

飲食?医療?物流などの業界では知名度も高く、
目立ちませんが実はあらゆるビジネスを支える存在です。

設立から50周年を迎えた安定企業でもありますが、
棚というイメージに捉われない新製品の開発など
常に冒険心を忘れず、挑戦を続けています。

当社の魅力はここ!!

事業?商品の特徴

レストラン、病院、工場… あらゆる場所を「支える」製品。

限られたスペースで、どうやってモノを収納し、活用するか。どんなビジネスにおいても避けては通れない課題です。「効率的にしまえて」「楽に取り出せる」エレクターのワイヤーシェルフは、その高い品質とカスタマイズ性で、飲食?医療?物流といった様々な業界を支えています。さらに、エレクターシェルフは台車を取り付ければ、移動できるカートに早変わり。保冷?保温機能をつければ配膳車にもなります。当社製品の共通コンセプトは「トランストレージ(transtrage)」という考え方。「収納(storage)」から「搬送(transportation)」まで一貫してサポートし、あらゆる場所における課題のソリューションを提案するのが、私たちの仕事です。

戦略?ビジョン

事業の始まりは、「ハワイ」の和風レストラン。

ワイヤーシェルフの製造販売から輸入販売までを手がけるエレクターですが、始まりはメーカーでも商社でもなく、創業者?柳屋行が営んでいた和食レストラン「ふるさと」。アメリカ大使館や海外のVIPにも評判が良く、ハワイに新店を出そうというとき、エレクターの始まりとなる衝撃的な出会いがありました。新店の厨房に使われていたのは、アメリカで爆発的に普及し始めていた組み立て式のワイヤーシェルフ。当時の日本で一般的だった重くて間隔調整もできない什器に比べると、画期的な製品でした。翌日には単身ハワイからアメリカ本土のインターメトロ社に乗り込み、日本での製造販売権を手に入れ、現在まで続く事業が始まったのです。

社風?風土

創業50年以上、守り続けてきた「感動」と「冒険」。

エレクターの企業理念は「感動フロンティア」。掲げるビジョンは「マルコポーロのように常に新しい領域を切り拓く冒険者でありたい」。創業者がハワイの地でワイヤーシェルフに出会ったときの「感動」、和食レストランから事業を転換して日本にワイヤーシェルフを持ち込もうという「冒険」、そんな初心を現在でも忘れず持ち続けています。当社には創業から50年以上も積み重ねてきた財産があり、飲食?医療?物流などの業界では社名もよく知られている存在。おかげさまで増収増益が続いており、安定企業と言えます。しかし、みなさんに目指してほしいのは、さらなる冒険。「棚の会社」というイメージすらも超え、新たな感動を生み出しませんか。

会社データ

事業内容 ●ワイヤーシェルフの製造?販売
●病院向け配膳車?下膳車の製造?販売
●物流向けパレットラック「ネステナー」の製造?販売
●米国インターメトロ社製品の輸入?販売
●米国ラバーメイド社製品の輸入?販売
●独国リーバー社製品の輸入?販売
●仏国ソカメル社製品の輸入?販売
●米国ヴォロアース社製品の輸入?販売
●独国バート社製品の輸入?販売
●金属類の加工、めっき処理、静電塗装
●クックチルシステム導入に関するコンサルティング業務
設立 1966年8月
資本金 8,800万円
従業員数 160名(2019年10月現在)
売上高 64億円(2019年09月現在)
代表者 代表取締役 柳屋 司
事業所 本社:東京都目黒区上目黒2丁目1番1号 中目黒GTタワー14F
大阪支店/名古屋営業所/仙台営業所/ 福岡営業所/ 札幌営業所/ 広島営業所
沿革 ■1957年
創業者?柳屋行が東京都目黒区に、築齢数百年の合掌造りの和食レストラン「ふるさと」をオープン。

■1964年
和食レストラン「ふるさと」、ハワイのワイキキグランドホテル内に出店。創業者?柳屋行がエレクターシェルフ(スタンダードエレクター?シェルフ)と出会う。

■1966年
日本エレクターシェルフ(株)を設立。
米国インター?メトロ社よりエレクター製品を輸入?販売開始。

■1968年
米国インター?メトロ社でスーパーエレクター?シェルフ開発。

■1970年
エレクター配膳車(常温配膳車)を開発?発売。

■1971年
日本国内にてスーパーエレクター?シェルフを製造?販売開始。

■1973年
物流の土台を支えるスチールパレット「ネステナー」を発売。

■1975年
大阪支店を開設。

■1976年
米国ラバーメイドとラバーメイド製品の日本国内における販売権契約を締結。

■1981年
(株)カワイ技研(1923年創業、後のエレクター工業(株))を吸収。
めっき工程一貫工場として稼働を開始。
札幌営業所を開設。

■1982年
日本エレクターシェルフ(株)からエレクター(株)に社名変更。
(株)カワイ技研(1923年創業、後のエレクター工業(株))、塗装ラインを完全自動化。

■1984年
(株)カワイ技研(1923年創業、後のエレクター工業(株))、生産増強のためスポット工場を増設。

■1985年
FRP製配膳車(常温配膳車)を開発?発売。名古屋営業所を開設。

■1986年
(株)カワイ技研、エレクター工業(株)に社名変更。
福岡営業所を開設。スーパーエレクター?シェルフとラバーメイド?ブルートコンテナがグッドデザイン賞を受賞。

■1987年
エレクター工業(株)、大型全自動溶接機を導入。
甲府流通センターを開設。

■1988年
独リーバーベルケ社とリーバー?サーモポートの日本国内における販売権契約を締結。販売開始。
エレクターシェルフ200万台突破。

■1990年
エレクター工業(株)、新工場増築により大型めっきラインを新設。
エレクターシェルフの完全自社一貫生産体制が確立。
仙台営業所開設。

■1993年
温冷配膳車を開発?発売。

■1994年
東京?目黒区に本社を移転。合掌造りのオフィスで営業開始。
家庭用エレクターシェルフ「ホームエレクター」を開発?発売。

■1997年
米国インターメトロ社より、メディカル向けキャビネット&カート「STRASYS」を輸入?発売。
スーパーエレクター?シェルフとラバーメイド?ブルートコンテナがロングライフデザイン賞を受賞。

■1998年
下膳車「ネスティングトレイカート」を開発?発売。

■2000年
東京?渋谷区、渋谷クロスタワーに本社を移転。
仏ソカメル社より、クックチル対応再加熱カート「エルゴサーブ」「エルゴサート」を輸入?発売。

■2001年
東京?世田谷区にエレクターテストキッチンを開設。

■2002年
エレクター甲府ディストリビューションセンター開設。
エレクター工業(株)、ISO9001の認証を取得。
パン&トレイ保管?搬送システム「PT FLEX」を開発?発売。

■2016年
エレクター(株)設立50周年。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン?会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン?会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
国产农村熟妇videos/天天综合/5060网/啪嗒啪嗒视频在线观看