エントリーシートって苦手…、書いた内容に自信がない…。そんなアナタのための ”伝わる書き方”のコツ

就職活動で避けて通れないのがエントリーシート。でも、「うまく書けない」と苦手意識を感じている人も少なくありません。そこで、多くの企業のエントリーシートで求められる「自己PR」と「学生時代に最も打ち込んだこと」を例に“わかりやすく伝えるための書き方”のコツをまとめました。「ちゃんと書けているから大丈夫」という人こそ、要注意! 「一見書けている」のに、言いたいことが伝わらないケースも実はよくあるんですよ。

このコンテンツは会員限定となっております。会員登録/ログインしてご利用ください。

会員登録(無料)ログインして”伝わる書き方”のコツをマスター

こんな人におすすめ

  • 1 基本的なポイントを知りたい

    「この学生さん、いいね!」と思ってもらえるエントリーシートを書くには、どうすれば良い?
    伝わるエントリーシートを書くために欠かせない基本的なポイント4つ、おさえておきましょう。

    1 基本的なポイントを知りたい

  • 2 よくある設問、どう答えていいかわからない

    エントリーシートによく出てくる「自己PR」と「学生時代にもっとも打ち込んだこと」について、理想的な構成を知っておきましょう。
    なにを伝えるためにあるの?自分らしさや強みってなに?などの疑問にもお答えします。

    2 よくある設問、どう答えていいかわからない

  • 3 どうしても書けない!

    「書けるものがなにも思いつかないんです…」
    そんな人は、そもそも自身の「自分らしさ」や「強み」をちゃんとわかっていないのかも?
    理解するためのポイントとアドバイスをお伝えします。

    3 どうしても書けない!

  • 4 ちゃんと書けてるから大丈夫!

    そのエントリーシート、本当に完璧ですか?
    「一見書けているように見える」場合でも、「伝わらない文章」になっていることはよくあること。
    2つの例から学ぶNGポイント、自分に当てはまるところはないかチェックしてみましょう。

    4 ちゃんと書けてるから大丈夫!

\ ログインして”伝わる書き方”のコツをマスターしよう /

会員登録(無料)ログイン

国产农村熟妇videos/天天综合/5060网/啪嗒啪嗒视频在线观看